みかん大使が作詞したモノを地味に公開していくブログです。
2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありきたり、といえばそうでしょうね。
永遠をテーマにしました。
もう学校でも何も思い浮かばないから
ひねり出しました。
その結果
今の自分なりにいいものができたと
思うのでアップします。

詩は続きにて!














永遠の時を過ごす
最初はロマンさえ感じた
だけど今は私を置いていってしまう光を見るのが
嫌で嫌で、目を背けてしまう
いずれ貴方もそうなるのなら、私は――。

偽りの命を与えられた日から
私に死という言葉はなくなった
かわりに手にしたのは幾千もの時間

長い、長い旅をした
いつも、いつも独りでいた

決して変わりはしない自分に嫌気が差して
気がつけば奈落の底にいた

暗い、暗いけど心地いい
なんで、なんで私は生きている

暗闇から光が消えていく様子を
ずっと眺めている日々は
貴方という一際輝く光によって変わった
毎日が楽しかった、笑顔に満ちていた。
でも気づいてしまった
いずれ貴方の光も消えてしまうのだと
再び私は暗闇に戻るのだと

痛い、痛い心が痛い
悲しい、悲しい涙が止まらない

できれば、そう
私も光となって消えていきたい
それでも……私の光は衰えない
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinnku.blog57.fc2.com/tb.php/8-0617ec3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。